好きなゲームや漫画、気になったニュースの感想ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初音ミク 千本桜の歌詞の意味 俺の勝手な解釈


今更ながらProject DIVA Fの影響で
初音ミクの千本桜に嵌ってしまった。

俺にとって千本桜とはブリーチの朽木白哉の
卍解のイメージしかなかったが、この歌は面白いな。

軽快なリズムに中2病的なキーワードを当てはめて
歌詞の内容にストーリーや深い意味がありそうではあるが
ハッキリとした公式見解がなく、歌詞の解釈は自由。
聞いているだけで様々な妄想が湧いてくる。

まぁ、最近ではニコニコで大ヒットした影響で
小説、舞台、漫画と、それぞれの解釈で
商業展開されているようですが。

今回は俺が初見で歌だけ聞いて感じた
この歌のイメージ、解釈を勝手に書いておく。

--千本桜--
ここは宴、鋼の檻。
自由な世界の筈なのに自由がない。
断頭台でそんな世界を見降ろしながら死をイメージ。

でも、断頭台で悩んでいてもしかたない。
飛び降りて、辛い世でも成り行き任せに駆け抜けろ。

みんな闇の中で悩んでいる。君の嘆きは伝わらない。
でも希望はある。自ら解決する為に行動しまくれ。

君が希望の歌を歌えば、僕は踊って協力する。
檻の中でも、ここは宴。踊って助けてくれる人はいる。

さぁ、閃光弾を打ち上げて、光線銃を撃ちまくれ!!
----------

思春期の若者にハッキリとした言葉ではなく、
キーワードのイメージとしてモヤモヤと伝わっていきそうな。
この歌は本当に面白いな。流行る理由が分かる気がする。

エヴァンゲリオン風な感じ。でも小説や舞台で千本桜を
ハッキリとした在り来たりな話として作ってしまったので
それが公式扱いとならないか心配ではある。

世界観が固定され、この歌の面白さが
なくなってしまうのではないかな?と、思った。

Amazon
 小説 千本桜
 1周年記念アルバム ALL THAT 千本桜! !


[ 2013/05/12 02:59 ] 動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

過去ログ +

---
プロフィール

sumahon

Author:sumahon
FC2ブログへようこそ!



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。