好きなゲームや漫画、気になったニュースの感想ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紀里谷「CASSHERN」アニメの実写化で成功した映画

映画 実写版ガッチャマンのネタバレ感想!!
の前に、今回はガッチャマンと同じタツノコプロのアニメ
「新造人間キャシャーン」の実写化した映画の内容や
感想を語っておこうと思う。ネタバレはないかな。

俺がアニメの実写化映画で一番評価しているのは
宇多田ヒカルの元旦那である紀里谷 和明が
監督した「CASSHERN」だ。



この紀里谷監督のキャシャーンは
他のアニメ実写化映画とは違う。

何が違うのか?それはアニメ版の
にわかファンに媚びていない所。

アニメの実写化映画はつまらなくても
アニメの知名度だけで多くの人が見に来る為、
真面目に作れていない駄作が多い。

アイドルや芸人に原作キャラクターの
コスプレをさせて原作の無難なエピソードを
そのまま流せばばOKといった感じ。

しかし、紀里谷監督は違った。

一般層が期待するようなアクションシーンが殆どなく、
原作の本質に関わる思想部分を圧縮したかのような
暗いストーリーが永遠と展開される。

実写化でヘルメットを被っていたらダサいと
兜を廃止し大胆なビジュアル変更を行い、
フレンダージェットも登場しない。

これが俺のキャシャーンだ!!

と、オナニー全快の同人誌的なノリの映画だった。

一般大衆からは痛快アクションを期待して見に行ったのに
暗い悲劇を見せられて騙された!と、物凄い批判を受けていた。
しかし、人間と新造の狭間で悩み続ける暗いストーリーは
アニメのキャシャーンで語っていた本質そのもの。

原作のアニメ版キャシャーンを見ていた人ならば、
この映画もキャシャーンだと理解する事が出来るだろう。

ヘルメットを被っていたら、主人公が
苦悩する表情が分からなくなるし、
実写で犬が変身したらギャグになってしまう。
紀里谷監督の判断は正しい。

時間は短いが戦闘シーンは最高にカッコイイ。
唐沢寿明のブライキングも格好良い。

原作アニメと実写映画は別の物語。
しかし、映画は映画ならではの世界を作る事が出来る。
その本質はアニメ版と同一のものにする事も出来る。

紀里谷監督のキャシャーンは原作の本質を理解し、
しかしアニメに媚びる事をせず、一つの映画作品として
作りあげられた名作だと俺は思う。

見てない人はアニメ版のキャシャーンと
併せて見てみるといいかもしれない。

Amazon
 新造人間キャシャーン BOX<5枚組> [Blu-ray]

[ 2013/08/24 09:45 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

過去ログ +

---
プロフィール

sumahon

Author:sumahon
FC2ブログへようこそ!



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。