好きなゲームや漫画、気になったニュースの感想ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「マン・オブ・スティール」 ネタバレ感想 ゾッド将軍について



マン・オブ・スティールの内容ネタバレを
しながら感想を書いていきます。

今回はスーパーマンの宿敵、
ゾッド将軍について語ろうと想う。

マン・オブ・スティールは敵も素晴らしい。
スーパーマンの映画ではお馴染みのゾッド将軍だが、
今作ではただの残虐な犯罪者ではない。

善悪を超えた信念を持つ、魅力的な
キャラクターとして生まれ変わっていた。

クリプトン星の人間は遺伝子を操作されている。
プラントの中で役割を与えられて産まれる。

ゾッド将軍はクリプトン人を守る
防衛軍の指揮官として作られた。

その為、惑星を破壊するような政策をとり続けた
元老院をクリプトン人に害をなす者と判断し
クーデターを起こした。

クーデーターは失敗したがゾッド将軍は正しかった。
後に惑星クリプトンは崩壊し、生き残ったクリプトン人は
刑務所に隔離されていたゾッド将軍とその仲間だけになった。

ゾッド将軍はクリプトン人の復興、種の存続を願い、
地球侵略を開始し、クリプトン人の遺伝子の設計図を
持つカルエル=スーパーマンを狙った。

クリプトン人の事だけを考えるゾッド将軍と、
地球人の事も考えてしまうスーパーマン。

同じ惑星クリプトンの生き残りなのに対立する2人。
結果、スーパーマンは地球を選択し、ゾッド将軍が守っていた
クリプトン人の生産プラントを破壊してしまう。

プラントの中には遺伝子の設計図を待つ、
多くの胎児たちが眠っていた・・・

この瞬間にゾッド将軍の夢と役目が消えた。
守る者を失い嘆き悲しみ、悪魔と化して
暴れるゾッド将軍。

スーパーマンは地球人を救う為に
ゾッド将軍を倒し、悲しみの叫び声を上げる。
スーパーマンに勝利の喜びはない。

スーパーマンは同じ故郷の
仲間を全滅させたのだ。

クリプトン人を守るゾッド将軍と
地球人を守るスーパーマン。

2人はお互いに守る者の為に戦っていたのに。
共存の道が模索できていれば・・・

しかし、ゾッド将軍に共存の道は見えなかった。

それがスーパーマンの父が古い
クリプトン人は滅びると言った理由。

プラントで作られたクリプトン人は、
与えられた考え方から離れる事が出来ない。

ゾッド将軍が守り、復興を願ったクリプトンは
結局のところ、彼自身が不要と判断した元老院と同じ、
古いクリプトンであったのだ。

無限の可能性を秘め、自由な意志を持つ
スーパーマンこそが新たなクリプトンの希望となる。

ゾッド将軍との戦いは悲しみに満ちていた。

マン・オブ・スティールのストーリーは深いよ。

Amazon
 ジェネラル ゾッド
[ 2013/09/03 00:07 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

過去ログ +

---
プロフィール

sumahon

Author:sumahon
FC2ブログへようこそ!



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。