好きなゲームや漫画、気になったニュースの感想ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画「ウルヴァリン・SUMRAI」感想 日本のヤクザ凄い!!



ウルヴァリン・SAMURAIのネタバレしながら
その内容、あらすじを感想を交えてまとめておく。

SAMURAIのタイトル通り、今回の映画の舞台は日本。
今までのX-MENシリーズと比べるとミュータントが殆ど出ない為、
派手な能力バトルが見れずに物足りなく感じてしまうかも。

しかし、それを補う程に日本の強烈な戦士達が
ウルヴァリンの前に立ちふさがる!!
それはヤクザ、忍者、侍、大和撫子、ロボ!!
ジャパニーズマフィアのヤクザは凄い。
ヒロインを追いかける下っ端風のヤクザが
走る新幹線の上でウルヴァリンと互角に戦っていた。

高速で走る新幹線の上で振り落とされないよう
天井をナイフ切り裂いてへばりつきながら、
障害物をジャンプで避けたりしてた。

新幹線を切り裂くヤクザのナイフは
アダマンチウム製なのかwwww

その他にも大和撫子、マリコ、ユキオが
薙刀や護衛体術で、そのヤクザを撃退する姿は華麗。

古の時代から現代も主に仕え続けているという
忍者も神秘的に描かれている集団だった。

侍のシンゲン(真田広之)は少し違うトンデモ日本、
アクロバティックな剣道を見せたりもしている。

シンゲンvsウルヴァリン
刀vs爪の対決ではウルヴァリンを圧倒しながらも
復活したウルヴァリンの再生能力で刀の攻撃が
効かなくなり敗北してしまう。

普通の人間でありながら、ウルヴァリンと互角以上に戦う
日本のヤクザ、侍、忍者はやっぱスゲー!!と思ってしまった。

てっきり、シンゲンがシルバーサムライかと
思っていたがシルバーサムライは別にいた。

今作のシルバーサムライは原作と違い
ミュータントじゃないんだよね。

シルバーサムライはロボだったwwww
ヤシマ産業のハイテクテクノロジーの結晶wwww

これまでのX-MENシリーズを期待して見に行くと
少し違うかもしれないが、再生能力を消されたウルヴァリンと
ヤクザ、侍、忍者、大和撫子のチャンバラアクションは
凄くカッコ良かったし、面白かった!!

Amazon
 ウルヴァリン (MARVEL)


[ 2013/09/15 11:52 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

過去ログ +

---
プロフィール

sumahon

Author:sumahon
FC2ブログへようこそ!



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。