好きなゲームや漫画、気になったニュースの感想ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エージェントJがKを覚えていた理由(メン・イン・ブラック3)



エージェントJがKの事を覚えていたのは
互いの絆が生んだ奇跡!!

なんて、そんな単純な話ではない。

ちょっと気付きにくい、その原因について

エージェントJはKを覚えていたのではない。

改変後の40年前にKが死んだ現代、
Jはそれまでの記憶を忘れてしまったのだ。



父親が生きていて、Kと出会わずMIBに入り
AAのパートナーとして仕事をしていた自分の記憶を。

そしてKが生きていた世界の記憶に摩り替わってしまった。

その原因はOがチョコミルクから推測した通り、
時空の歪みの影響を受けて記憶障害を起こしたから。

何故、時空の歪みの影響を受けたかと言うと、
タイムマシンを作った奴が言っていた通り、

「その場にいたから」

その場とはKが殺されボリスが現代に帰る瞬間。
そこに幼い頃のJが居合わせた。

Kが生きていた現代を知るボリスが、
Kが死んだ改変後の現代にタイムワープする。

その余波を幼いJが受け、改変後の世界のJに
Kが生きていた世界の記憶が現れてしまった。

タイムスリップのパラドクス。
多分、そうゆう事。俺の解釈では。

【送料無料】メン・イン・ブラック ツインパック【Blu-ray】



[ 2012/07/12 22:01 ] 映画 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/07/28 23:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

過去ログ +

---
プロフィール

sumahon

Author:sumahon
FC2ブログへようこそ!



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。